メニュー

テストステロンは指の長さに影響するか

[2023.11.14]

「テストステロンの量と指の長さには関係がある」という話を耳にしたことはありますか?これは科学的な研究に基づいた興味深い話題であり、このコラムではその背景と実際の関係について詳しく解説します。

胎生期のテストステロン露出

テストステロンと指の長さの関連性は、主に胎生期、すなわち胎児が母親の胎内で成長する期間に、テストステロンに曝露される量と関連があるとされています。この期間中のテストステロンの露出量は、特に第二指(人差し指)と第四指(薬指)の長さの比率(2D:4D比率)に影響を与えると言われています。

2D:4D比率とは?

多くの研究で、男性は女性に比べて2D:4D比率が低い傾向があることが示されています。これは、男性の場合、薬指が人差し指に比べて相対的に長いことを意味します。この比率の違いは、胎生期に男性が女性よりも多くのテストステロンに曝露されるためだと考えられています。

指の長さと性格や能力の関連

一部の研究では、2D:4D比率とさまざまな性格や能力との関連が示唆されています。例えば、低い2D:4D比率(薬指が相対的に長い)を持つ人は、競技スポーツでの成功やリスクを取る傾向があるといった結果が報告されています。

指の長さとテストステロンの関係はさまざまな要因が影響している

しかし、指の長さとテストステロンの関連性についての研究はまだ十分ではなく、さまざまな要因が影響している可能性があります。一般的な傾向としては理解されていますが、個人の指の長さから直接的にテストステロンの量や性格を判断するのは難しいと言えます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME