最近

・やる気が出ない

・性欲がない

・眠れない

などのお悩みはないですか?

それはもしかしたら男性更年期によるものかもしれません!

メニュー

テストステロン爆上がりフード!

[2024.02.12]

みなさんこんにちは!オトコノクリニック秋葉原院 院長の中村です。

もう2023年もあと1日で終わりですね。2023年はみなさんにとってどんな年でしたか?✨
年末年始と言えば、たくさ〜んおいしいものがありますよね!

さて、そんな中で今日は、テストステロンが上がるオススメの食べ物をご紹介します。

まず大前提として、テストステロンを増やすために「これだけを食べればいい」というものはなく、たんぱく質を中心にバランス良い食事を摂ることが重要です。

オススメの食べ物は以下の5つになります。

●肉や魚、卵(コレステロール)
テストステロンなどのホルモン全般は、コレステロールを原料にしています。コレステロールは、主に脂質・糖質・タンパク質から合成されています。そのため肉や魚、卵など動物性の脂質から、適度にコレステロールを摂取することが大切です。

●山芋や里芋(DHEA)
山芋や自然薯(じねんじょ)、里芋など粘り気のある芋には、テストステロンの原料となるDHEAが含まれます。DHEAの分泌量は20代でピークを迎えて40代では約半分に減少するといわれており、食事からの摂取が重要となります。粘り気のある芋類を食事に取り入れるようにしてみましょう。ただし、じゃがいもやさつまいもなどの粘り気のない芋類には、DHEAは含まれないため要注意です。

●牡蠣や豚レバー(亜鉛)
テストステロンを増やすには、亜鉛を積極的に摂取しましょう。亜鉛は性腺機能を正常化する働きがあるとされています。テストステロンは主に精巣から分泌されるため、亜鉛で性腺機能を正常に保つことが大切です。また、亜鉛不足は味覚障害など他の症状も引き起こすため、健康のためにも十分に摂取しましょう。

●きのこ類(ビタミンD)
ビタミンDはテストステロンを増加させるといわれています。きのこ類に多く含まれるため、積極的に摂取しましょう。

●納豆や海藻、緑黄色野菜(ビタミンK)
ビタミンKは精巣の細胞に働きかけ、テストステロンの分泌に関わっている可能性があるとされています。納豆や海藻、緑黄色野菜にはビタミンKが多く含まれています。特に納豆はビタミンKの摂取 におすすめの食材で、1パック(40g)で約240μgを摂取できます。毎日の食事に納豆を1パック加えるだけでもよいでしょう。

参考)https://www.aska-pharma.co.jp/media_men/column/testosterone-food/#lwptoc2

たんぱく質をしっかり摂って、筋肉量アップ!代謝アップ!男らしさアップ!
テストステロンをガンガンあげていきましょう💪
ーーーーーーーーーーーーーーー
オトコノクリニック秋葉原院
mail:otokono.cl1@gmail.com
TEL:03‐3851‐5151
住所:東京都千代田神田佐久間町2‐18‐1秋葉原STNフロント9F
JR秋葉原駅徒歩3

 

医師中村有吾

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME