最近

・やる気が出ない

・性欲がない

・眠れない

などのお悩みはないですか?

それはもしかしたら男性更年期によるものかもしれません!

メニュー

ホルモン補充療法

[2024.03.14]

ホルモン補充療法はメリットが大きい

テストステロン補充療法(TRT)は、男性更年期障害の治療や若返りの手段として、国際的にも注目されています。日本では、この治療は注射や軟膏を通じてテストステロンを補充する方法で行われます。

TRTのメリットには、代謝の活性化、脂肪がつきにくくなること、筋肉の増加、そして認知機能の向上などがあります。これにより、中年期に特徴的な丸みを帯びた体形がシャープになり、頭の働きも良くなることが期待されます。

ただし、TRTにはリスクも伴います。代表的なものに多血症(赤血球の過剰な増加)や睡眠時無呼吸症候群の悪化があります。これらのリスクは、定期的な医療機関での検査によって監視されることが重要です。これにより、リスクを管理し、大きな健康問題を避けることができます。

テストステロン補充療法(TRT)におけるもう一つの懸念点は、前立腺がんの進行に関連する可能性です。この問題に関しては、医学界内で多くの議論があります。

テストステロンは前立腺組織の成長を刺激することが知られており、理論的には前立腺がんの進行を促進する可能性があるとされています。しかし、実際のところ、この関連性にはまだ明確な結論が出ていません。一部の研究では、テストステロン補充療法が前立腺がんのリスクを増加させる可能性を示唆している一方で、他の研究ではそのような関連性は見られないと報告されています。

前立腺がんの多くは進行が遅く、生命に直接的な危険を及ぼすことは少ないです。また、血液検査での腫瘍マーカーを用いて比較的早期に発見することが可能です。TRTを受ける前には、前立腺がんのスクリーニングを含む包括的な健康診断が推奨されます。これにより、前立腺がんのリスクを事前に評価し、TRTの適切性を判断することが可能になります。

TRTを検討している場合は、前立腺がんのリスク評価を含む、医師との詳細な相談が重要です。

 

医師中村有吾

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME