メニュー

ED薬の特徴

[2024.02.04]

ED(勃起不全)治療薬として広く知られているバイアグラ、レビトラ、シアリスは、それぞれ独自の特徴があり、患者の状態やライフスタイルに合わせて選択されます。以下に、それぞれの薬剤の特徴を強さ、持続時間、効き始めるまでの時間、食事の影響という観点からまとめました。

  1. バイアグラ (Sildenafil)

    • 強さ: 効果は強力で、多くの患者に対して確かな効果を提供します。
    • 持続時間: 約4〜6時間。
    • 効き始めるまでの時間: 空腹時で約30分から1時間。
    • 食事の影響: 高脂肪の食事は効果の発現を遅らせる可能性があります。
  2. レビトラ (Vardenafil)

    • 強さ: バイアグラと似た効果を持ちますが、一部の患者にはより好まれることがあります。
    • 持続時間: 約4〜5時間。
    • 効き始めるまでの時間: 約25分から1時間。
    • 食事の影響: バイアグラより食事の影響を受けにくいが、やはり高脂肪の食事は避ける方が良いでしょう。
  3. シアリス (Tadalafil)

    • 強さ: 効果は穏やかながら、バイアグラやレビトラと比べて副作用が少ないことが報告されています。
    • 持続時間: 最大36時間と長く、"ウィークエンドピル"とも呼ばれます。
    • 効き始めるまでの時間: 約30分から2時間。
    • 食事の影響: 食事の影響を受けにくい。高脂肪の食事を摂った後でも効果が変わらないため、食事のタイミングをあまり心配する必要がありません。

これらの薬剤はいずれもPDE5阻害薬というクラスに属しており、性的刺激があった場合にのみ効果があります。患者の健康状態、服用している他の薬剤、生活習慣などを考慮して、医師が最適な選択を行います。また、どのED治療薬も副作用が発生する可能性があるため、使用前には医療専門家と相談し、処方指示に従うことが重要です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME